ドラえもんの二○加煎餅(にわかせんべい)

福岡のお土産で見つけた「ドラえもん」の「にわかせんべい」が、なんともかわいかったので、ご紹介します。

福岡名物の甘いお煎餅、東雲堂(とううんどう)の「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」の、ドラえもんコラボバージョンです。福岡空港で売っていましたので、お土産やさんで比較的手に入りやすいかと思います。

本家のにわかせんべいは福岡では有名なお菓子で、博多の郷土芸能「博多仁和加(はかたにわか)」に使われる「にわか面」をかたどったお煎餅です。

↓これは通常のにわかせんべいです。

博多仁和加は、「ぼてかずら」というカツラに、「にわか面」という半分のお面を着けて、博多弁で演じるお芝居のようなもので、「にわか面」は下の写真のように目の部分をかくすお面だそうです。

にわかせんべいを買ったら↓こんな袋に入れてくれました。

まずは「ドラえもんにわかせんぺい」のパッケージです。ちなみに、福岡では「せんべい」を「せんぺい」と呼ぶそうです。

ドラえもんにわかせんぺいは、3枚入りの4箱セットで売っています。とてもかわいいです。

裏にはドラえもんの「にわか面」が入っています。箱の下の方に、「にわか面」を被っているドラえもんが描かれています。とってもかわいいです。

ドラえもんのににわか面をとって、箱の裏を見ると↓こんなデザインです。

箱の側面のデザインもかわいいです。

箱からお煎餅を出してみました。ビニール製の袋に3枚の「にわかせんべい」が入っています。ドラえもんの顔が焼かれているデザインでとてもかわいいです。食べるのがもったいないくらいです。

片手でつまめるくらいの小ぶりな大きさで、ほんのり甘い瓦せんべいのようなパリパリのお煎餅です。

せっかくなので、おまけでついていたドラえもんのにわか面を猫に着けてみました。なかなか止まって着けてくれないので、スマホで合成しました。

あと、
おまけで買った「にわかせんべい」関連のお土産です。

にわか面の靴下と、にわかモケケです。他にもキティちゃんがにわか面をしているぬいぐるみや、キャップなど、たくさんのにわか面グッズがありました。


東雲堂(とううんどう)
「I’m Doraemon? 二○加煎餅」648円(税込)
二○加煎餅は1906年(明治39年)から販売されているそうです。
東雲堂(とううんどう)のサイトはこちら >

お土産感は薄れますが、ドラえもんのにわかせんべいはAmazonでも購入できるようです。
↓ ↓ ↓ ↓
Amazon ドラえもん にわかせんぺい 12枚(3枚入×4箱)二〇加煎餅 >

菓子楊枝

表参道のspiralで菓子楊枝を買いました。
メイドインジャパンのステンレス製です。
曲線具合がなんとも言えず、
和菓子の引き立ちそうな道具です。
spiral
 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

 5-6-23 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo

とらやの最中

和菓子と時々うつわのことを書こうと思います。

初回はとらやさんの「虎屋最中」です。



あずき・こし・白あんの3種類あり、

それぞれ梅型・菊型・桜型をしていてます。



今回頂いたのは桜の形をした「桜織」です。

桜の花びらが折り重なっているデザインで、


蒔絵のデザインに使えそうな、とても凝ったものです。



甘すぎずとてもお上品な味ですので
ぜひご賞味下さい。




虎屋最中

 http://www.toraya-group.co.jp/products/pro02/pro02_001.html