蒔絵 ぼかし

蒔きぼかしという技法の習得中です。

葉っぱの部分や、桃の実の部分の、周りと内側の間のつぶがまばらになっているところがぼかしです。

ますます表現の幅が広がりそうです。

蒔絵は絵を描いたり、金属粉を蒔くよりも、漆で固めた金属を磨く作業に時間がかかります。

手間暇を惜しまず、ひとつの作品を作る。
時代と逆行しているようです。

心にゆとりと奥行きがないとよい仕事ができない。

よい作品がつくれない。

懐の深い人間になりたい。